Chromebook 人気の秘密をさぐる

2014年度からついに日本に上陸したChromebook。すでに米国では着実にシェアを広げており、その勢いは日本にも迫ろうとしている。

 

Chromebookとは一体何か。そしてそれがなぜ日本でも注目されているのか。ここではChromebookの概要をおさえつつ、注目が集まる原因について見ていこう。

 

Chromebookとは?

 

Chromebookとは、Googleが開発したLinuxベースの独自OS「Chrome OS」を搭載したノートパソコンのこと。「Chrome OS」がWindows OSやMac OSと大きく異なるのは、それがブラウザベースで動作するOSであるという点だ。

 

例えばWindowsやMac では、データは通常ローカルドライブに保存するのが一般的だが、「Chrome OS」ではデータはクラウド上に保存するのが基本となっている。

 

アプリケーションはブラウザ上で動作するものを使うため、ローカルドライブにインストールすることはない。

 

また、「Chrome OS」の場合、常に最新のOSに無料で自動更新されるようになっている。Windows OSのように最新のOSを購入するコストはかからず、Mac OSのように手動でOSをバージョンアップする手間もかからない。

 

Chromebookの魅力とは?

 

米国でChromebookが人気となったのは、アップルのiPadよりも安い価格設定にあったと言えるだろう。アップルのiPadが500ドル程度で販売されているのに対してChromebookは200〜300ドル程度で販売されている。

 

また、最新のOSに切り替えるときにかかる費用が必要かからないことを考えると、低価格のWindows OSを搭載したノートパソコンと比べても割安な感がある。

 

さらにChromebookの場合、アプリケーションはブラウザベースのものを無料でインストールできる。そのため、WindowsやMacのようにアプリケーションを有料で購入するコストが一切かからない。特にセキュリティ対策として導入するコストを浮かすことができることは、企業や教育機関では大きなメリットとなるだろう。

 

Chromebookの魅力は、本体価格だけではなく、OSやアプリケーションのコストがかからないところにあると言えそうだ。

 

関連サイト

 

セキュリティソフトの最新版を様々な角度から徹底的に比較したランキング。パソコン初心者のためのピッタリ診断ほか口コミやキャンペーン情報も!